融資を受けるために

事業に関する書類を作成

これまでの経歴を書こう

まずは会社の情報や、経営者である自分の情報を事業計画書に記載してください。
今回が初めて会社を経営する場合でも、これまでにどこかの企業に勤めていたり、大学で経済学などを学んだりしたことは大きなアピールポイントになります。
経歴があれば会社を経営するノウハウをわかっていると判断されるので、金融機関から信頼されやすいでしょう。
これまでに行ってきた事業内容を説明してください。

どんな事業を行い、実際の利益をいくら得られたというように書くことがコツです。
その状態が現在まで続いていると書くと、安定した利益を得られていることを伝えられます。
たくさんの情報を書き込むことで、審査を通過しやすくなると忘れないでください。

これから行いたい事業内容

事業計画書には。これから行う予定の事業の内容まで記載しましょう。
事業の予定もかなり重要な部分で、予定している事業を始めるために、どれぐらいの資金が必要だと書いてください。
今回融資を申し込んだ明確な理由が必要です。
きちんとした理由があり、計画性があることが伝われば指定した金額を融資してくれると思います。

逆にただこのような事業をしたいという内容だけで、具体的な計画が書かれていない場合は信頼性が低下してしまいます。
資金が必要でも、ある程度計画がまとまってから金融機関に相談してください。
事業計画を伝える時は、図やイラストを使っても構いません。
文字だけで説明するよりも、図やイラストがあった方が伝わりやすいです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る